間違いなく松阪牛だと確認できる方法はありますか

狂牛病の騒動で食の安全が脅かされて以来、松阪牛など食肉への消費者からの問い合わせが厳しくなりました。

松阪牛と個体識別番号についてお話ししましょう。

■食の安全にいち早く取り組んだ松阪牛の協会。

トレーサビリティという単語を耳にしたことがあるかと思いますが、食の安全を満たすには、生産者と加工業者、消費者のあいだで、生産から販売までの過程がガラス張りになり、情報の共有が果たされることがポイントになります。

松阪牛においても同様の取り組みが早くから行なわれ、すでにシステムとして長く稼働しています。

それにいち早く取り組んだのが「松阪食肉公社」であり「個体識別システム」です。

■松阪牛の「個体識別システム」について。

このシステムは松阪牛の生産農家から肥育農家を経て、消費者にわたるまでをまでを一元管理するもので、消費者がその安全性を確認したい場合、松阪牛の個体識別番号を検索することで確認可能になるシステムです。

基本的には「松阪牛の証明書」という形式で記載されていますが、消費者が10桁の個体識別番号を元に検索すると、松阪牛となった仔牛の名前、飼育飼料、飼育農家、飼育日数、さらに出荷日までが一覧できるようになっています。

但馬牛など子牛の登記にも活用されています。

■個体識別システムは、松阪牛を管理する「松阪食肉公社」が一元管理しています。

公社に登録された松阪牛の仔牛すべてが対象です。

松阪食肉公社のホームページに行けば、松阪牛の仔牛の段階から肥育・出荷までのすべての情報を確認できます。

松阪牛証明書にある内容をチェックしましょう。

現在、登録され証明書が発行されているのは22市町村の対象農家です。

コメントは受け付けていません。